シアリスと飲酒

シアリスと飲酒での注意事項

近年ED(勃起不全)に悩む男性は増えています。EDというのは、性交時に十分な勃起が得られない、または十分な勃起が維持できず、満足な性交が行えない状態のことをいいます。

EDの原因は加齢、運動不足、ストレス、喫煙などがありますが、飲酒もその一つに挙げられます。

大量な飲酒は、大脳に対して過度の抑制が働き、性的な興奮まで抑えられてしまうため、勃起不全の原因になってしまうのですが、アルコールには、ストレスを減らしたりリラックス効果も認められているため、適度な量の飲酒であれば、ED予防につながるとも言われているのです。

そのため、飲み過ぎには十分に注意したいものです。

ED治療薬には3種類あって、バイアグラ、レビトラシアリスです。

どのED治療薬でも服用してからの飲酒は可能ですが、気を付けなければいけないのは、お酒を飲む前に服用するという事です。

お酒の場では、高カロリーなおつまみなどがつきものですが、シアリスは800kcal以上の食事を摂った後に服用すると、体内への吸収が悪くなり効果が50%低減してしまうのです。

そのため、空腹時である食前の服用が好ましいとされています。

シアリスには最長36時間という効果持続時間があるので、早めに服用しても問題ないでしょう。

また、シアリスの薬剤を代謝する酵素が、グレープフルーツに含まれる抗素との相性が良くありません。

カクテルやチューハイなどにはグレープフルーツやグレープフルーツジュースを利用して物が多いので、グレープフルーツを含まないお酒を飲むように気を付けましょう。

シアリスを服用している時にグレープフルーツを摂ってしまうと、薬剤の代謝が阻害されてしまい、副作用が強く出てしまうなど、健康上良くありません。

この点には注意が必要です。シアリスは、医師の処方が必要な処方箋医薬品となっています。

医師の説明を良く聞き、正しく利用することが大切です。

緊張をほぐすのには飲酒も良いですが、飲み過ぎには注意しましょう。

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<