薬 乳製品

薬と乳製品の同時服用について

乳製品と一緒に薬を飲んでは駄目?

 

薬を牛乳で飲んでいる人も中にはいらっしゃるかもしれませんが、実はそれはやってはいけないこととなります。

 

薬というのは水やお湯で飲むように指示されるのですが、この理由は水の中には薬の副作用の相互作用を引き起こしてしまうような成分が含まれていないからなのです。

 

決して根拠が無く水を指定しているワケではありません。

 

しかし、牛乳ともなりますと、副作用を起こさないかというと決してそのようなことはありません。

 

牛乳に含まれている成分によりましては、薬の効果が軽減してしまうものや、無くなってしまうものもあります。

 

そのような薬の中に腸溶剤があり、これは抗生物質などに多くなっている薬となります。

 

腸溶剤というのは、腸で溶けるように工夫されている薬となっていますので錠剤とカプセルタイプがあります。

 

そもそも抗生物質というのは胃酸の働きによって分解されますと、薬の効果が無くなってしまうものもあり、そのような薬というのは胃酸から成分を守る層がある腸溶剤になります。

 

そして牛乳の成分には胃酸を中和させてしまう働きを持っており、中和された胃の中に腸溶剤が侵入をしてきますと、胃酸から守る層が破壊されてしまい、その結果薬の効果を十分に発揮することが出来なくなってしまうのです。

 

また、薬局やドラッグストアなどで市販されている便秘薬などの中にも腸溶剤タイプの薬があります。

 

ですので使用説明書に牛乳で服用しないようなことが書かれていますので注意をしてください。

 

また牛乳にはカルシウムというもう一つの問題が出てきます。

 

実は抗生物質や抗菌薬などといった一部の薬や、骨粗鬆症薬のエチドロン酸ナトリウムなどは、牛乳に含まれているカルシウムと結合しやすい成分を含んでいるのです。

 

その成分がカルシウムと結合してしまいますと、体内に吸収されにくいとされるキレートと呼ばれている構造に変化してしまい、薬の効き目が弱くなってしまうワケです。

 

薬を飲む時には必ず水を利用するようにしてください。

 

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<