薬 大量摂取

薬の大量摂取に要注意

医薬品を大量に摂取してしまったり、過剰に摂取してしまうことをオーバードースといいます。

 

人の内部環境を一定の状態に保つ恒常性という働きが損なわれるほど、大量にまたは、集中的に薬物を摂取することにより起こります。

 

心身に深刻な症状を引き起こし、死亡する場合もあるので、医薬品の取り扱いには注意が必要です。

 

これで問題になるのが、精神病患者と痴呆患者や子供は特に周囲の注意が必要です。

 

精神病患者の場合には、自傷的行為や現実逃避などの目的で、大量に医薬品を摂取してしまう場合があります。

 

この場合には、医師もその危険性に考慮したうえで処方を行います。

 

また、製薬会社も精神用医薬品からはオーバードースの危険性を事前に排除しており、精神用医薬品を用いたオーバードースは稀です。

 

痴呆患者の場合には、持病などの薬を飲んだことを忘れて何度も服用してしまったり、薬に依存してしまう場合があります。

 

これもオーバードースとなってしまう危険性があります。痴呆患者の場合には、周囲の注意が一番大切です。

 

薬の管理は絶対に本人にさせないようにしましょう。

 

このような場合には、薬の袋を本人に見せて飲んだことを納得させたり、行っても聞かない場合には、偽薬という薬の代わりに砂糖などを服用する方法があります。

 

痴呆患者の場合には、医師に相談することも大切です。

 

薬を飲む量ごとにまとめて包装してもらったり、ピルケースなどをうまく使って、飲み過ぎを防止するようにしましょう。

 

万が一、大量に服用してしまった場合には、すぐに医師に連絡しましょう。

 

そして、子供の場合ですが、小さな子供がいる家庭では特に、薬のパッケージにも書かれているように、子供の手の届かないところでの薬の保管は大前提です。

 

薬は赤・青・黄色など鮮やかな色のものが多く、子供の興味を示しやすいものと言えます。

 

お菓子などと勘違いして食べてしまわないように、蓋付の薬箱に入れてきちんと管理しましょう。

 

>>シアリスの正規品はこちらを確認<<